大坊珈琲店のマニュアル|大坊勝次|誠文堂新光社
5fd4b064f0b1087fc7f70de6 5fd4b064f0b1087fc7f70de6 5fd4b064f0b1087fc7f70de6 5fd4b064f0b1087fc7f70de6

大坊珈琲店のマニュアル|大坊勝次|誠文堂新光社

残り1点

¥3,080 税込

送料についてはこちら

コーヒー好きに愛されながら、2013年に閉店した大坊珈琲店 38年間の営みを振り返り、店主が綴った大切なこと 珈琲屋になるまで、営業時の心掛け、焙煎・抽出・テイスティングの仕方、キムホノ、平野遼、塩崎貞夫など 2013年の12月に閉店するまでの38年間、自家焙煎とネルドリップというスタイルを変えずに、一杯ずつ丁寧にコーヒーを作り続けた「大坊珈琲店」。 閉店から5年という月日が経ってもなお惜しむ声が絶えず、伝説の珈琲店としてその存在感は増している。 本書は店主の大坊勝次が大坊珈琲店での日々を振り返り、心掛けていたことをまとめたエッセイ集。 前半にはコーヒーやお店に対する考え方が、後半には大坊が好んで使っていた器や店内に掛けていた絵の作家について、独自の視点で綴られている。 青山という場所柄、年齢も職種もさまざまな人々が通った大坊珈琲店が、一時の憩いの場所として、なぜそんなにも愛されたのか? 本書に綴られた大坊の思いや感性から、その理由を探ってほしい。 ■目次 閉店 焙煎・抽出・テイスティング 珈琲屋になるまで 心掛けていたこと キムホノ陶 私の平野遼 塩﨑貞夫の鎮魂 大坊勝次(だいぼうかつじ) 1949年岩手県生まれ。南青山にあった珈琲店「大坊珈琲店」店主。 1975年の開店以来、自家焙煎、ネルドリップ というスタイルも内装も変えずに営んできたが、2013年12月にビルの取り壊しにより、惜まれつつ閉店した。 その後も全国各地で手廻し焙煎やネルドリップ のレクチャー、出張珈琲店を行っている。 著 者:大坊勝次 出版社:誠文堂新光社 単行本(ハードカバー)250ページ