たぶん彼女は豆を挽く
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/2

たぶん彼女は豆を挽く

¥660 税込

送料についてはこちら

2010年に発行されて以来、長らく絶版となっていた幻の一冊。 『たぶん彼女は豆を挽く』が50編ものボーナストラックを新たに加え、文庫版となって復刊しました。 2010年当時の僕はまだジーパン屋でした。 当時の僕にとってこの本は好きだったコーヒーのことがさらに好きになるきっかけとなった一冊でもありました。 でもまさか僕がコーヒー屋の店主になるとはその当時の僕は思ってもいませんでした。 人生なんて何がどうなるかわからないもの。 それを不安に感じるか?楽しめるのか? そんなことのヒントやきっかけを与えてくれる一冊になってくれるかもしれない。 『たぶん彼女は豆を挽く』(新装版) コーヒーは好きですか 朝起きてボーっとしている時 美味しい食事の後 楽しい友人との会話の合間に 眠る前、柔らかな音楽を聴きながら 一日に何杯コーヒーを飲みますか 町の小さな喫茶店で飲むコーヒー 仕事の合間の良く冷えた缶コーヒー おばあちゃんが淹れてくれるミルクと砂糖たっぷりのインスタントコーヒー 全て愛すべき時間です 幸せな時間とコーヒーは良く似ています 食卓が幸せなカフェになるように アアルトコーヒーは新鮮で優しいコーヒーをお届けします あなたはコーヒーが好きですか 私はコーヒーが大好きです (はじめにより) 著者:庄野雄治 発行:mille books 発売:サンクチュアリ出版